« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

サイカチの実(サヤ)でシャンプー

サイカチ。。デカイ豆?泡の出る実(実際はサヤからでる)です。

サイカチは皁莢、学名:Gleditsia japonica。

ムクロジとおなじくサポニンを多く含むため古くから石けんとして使っていたようです。

Rimg0904

↑シャベルよりもでかいサヤ。

と。拾ったので、早速、サヤをちぎってお湯に浸す。サヤをちぎってるあいだ、なかのサヤの綿?みたいなのが花粉症の症状を引き起こしてくれた。何度もくしゃみ。娘は涙。

生ゴミ入れる袋に入れて浸すと、なるほど泡が出る。ネット検索ででシャンプーするとしっとりするという表記があったので、家族全員で試す。

これがーーーなかなかよい。しっとりふんわり髪が仕上がるのだ。石けんよりもよいかもしんない。。。ついでに全身洗浄にも使ってしまった。髪のほうは、本当に、ガスールで洗うようなツルツルしっとり感。おまけに石けんカスがないからか、頭皮がかゆくならない。三日も洗わずにすんじゃった。

翌日、浸した液にお湯を入れてみるとかなりのあわ立ち。浸しておくと泡が増すのだ。発見。

ちなみに、サヤの外からなんか。。。酢イカくさいのだ。このサイカチくん。

ムクロジの皮もこれに近いにおいがするんだよね。サポニン?

ムクロジもシャンプーむいてんのかも。。要確認。

Rimg0863

|

ムクロジの種で羽子板の羽

前から、ムクロジの種で羽子板の羽作りたかったのが、やっと実現。

ただ、羽がなかなかなくて。。。知り合いに鳥を飼っている人もいないので適当な羽を買ってきました。羽をムクロジにドリルで穴を開けて接着。実は、ムクロジは弾むだけあって、どんぐりよりもかなり硬く穴をあけるのに手が疲れた。粘土にはさんで固定するだけでは、ドリルを入れるとくるくる回るので、ペンチで挟んで穴をあけました(現在数珠も製作中)。

Hagoita

羽が手作りだから、もちろん羽子板も手作りってことになるので。。。板を買ってきて作業開始。左右対称にうまく切れなかったけど、ヤスリかけとみつろうワックスでごまかし。

やすりと絵は6歳の娘が担当。
なかなかいい感じに仕上がりました。
うちごごちもなかなかよいのだけれど。羽子板を二枚だけしか作らなかったので
2歳の息子が気に入ってしまい、全然離さず、打ち合いにならない。
もう一枚作るしかないか。。。

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »