« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

地元南相馬のこととか

3月11日の震災以降、いろんなことが起こりました。

大事な家族が消えたこと。家族の家がなくなってしまったこと。

自分の実家は残っているけど、原発エリア30内にあること。

自分は、ちいさな子どもがいて守らなければならないこと。。。。

いろんなことがありすぎて、自分の思うことと身体がまだ時間の流れについていけないこと。自分に起こったことや、原発からの影響を考えると、子どもたちにストレスをいつの間にかあたえていること。

そして、ちょっと何もかもほっておきすぎたこと。

いまは、少しずつ自分のやるべきことを考え始めているけど。なぜか、体が動かない。。。

もちろん、木の実や自然のこともとても気になる。

今年は、どんぐりクリーム食べれない?とか。

こどもたちが、木や木の実を触っても大丈夫なんだろうかとか?

ちょっとでも安心したいために、累積放射線量を計算してみたり。。。

自分の田舎が消えかかってるって、考えるだけで気がおかしくなる。

それも、いま住んでいる。

そこで一生を過ごそうと思ってた人のことを考えると苦しい。

南相馬といっても、わたしが暮らしていたのは、「原町」。

なんでもないなんにもない町なんだけど。福島の中の平地なのにチベット地帯とか言われてて。

わたしは、大分前に離れてしまったけど、毎年毎年遊びに行っていたし。

実家もあるし。家族もあるし。海にも何回も行ったし。海に行くまで通った道。

すべてがなんだか、失われてしまうのかよくわかんない気持ち。

ただ、泣いていても始まらないから、自分にできることをやらなきゃね。

なんだか、よくわかんないや。

なんも更新していないのに、誰かが読んでてくれるから、

今度は、木の実のこと報告します。

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »