« 放射能汚染からこどもをまもる みつけやさん | トップページ | 食品の子ども基準値 »

南相馬に子どもが帰ってきている。。。

本当にどうしたらよいのか。

福島 1000人超す子どもが転校
NHKニュース7月21日 14時14分 

福島県のほとんどの小中学校は夏休みに入りましたが、NHKが県内のすべての公立の小中学校に聞き取り調査したところ、1000人を超える子どもが夏休みに転校することが明らかになりました。放射線への不安や家族の生活のために引っ越すケースが多く、長引く原発の事故が子どもの学校生活に大きな影響を与えています。

NHKでは福島県内のすべての公立の小中学校734校を対象に夏休みの期間中に転校する子どもの人数などを調査し、98%に当たる721校から回答を得ました。それによりますと、転校する小学生は913人、中学生は153人で、合わせて1066人でした。福島県では3月の原発事故のあと、4月までに1万2000人余りがすでに転校していますが、原発の事故から4か月たっても転校は相次ぎ、子どもの学校生活に大きな影響を与えています。放射線への不安から遠くに引っ越すと話す保護者も多く、夏休みに転校する子どもの73%に当たる788人は収束しない原発の事故による影響が転校の理由になっているということです。

その一方、生活のめどがついたとして避難先から地元に戻るため転校するケースもあり、南相馬市などでは戻ってくる子どもが増えています。夏休みに転校する子どもが16人と去年の8倍に上った福島市の小学校では「放射線を不安に思う人が多く、今後、転校する子どもはさらに増えるかもしれない」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110721/k10014354631000.html

生活にめどがついた。。。福島から転校する子どもが多い中、親の生活の都合で戻っていく子どもがいることは、本当につらいことです。

わたしの母親も南相馬に戻っていますが、

やはり、戻る理由は、福島や郡山なんかより線量が低いという理由。避難生活に疲れたという理由。県外などに避難していると、南相馬の一部の人たちから、故郷を捨てたとか、無料の生活して税金の無駄遣いと非難されたりすること。そして、仕事があること。財産があること。

南相馬をはじめ、浜通り地区の人は、津波の被害があったうえに、さらに原発事故。。。

もう、どうしようもない悲しみがあるのです。わたしの家族もそうです。家族を亡くし、家を流された。親戚は、20km圏内立ち入り禁止。。。

原発事故、爆発がすごいことも知らされず、見つからない家族を探しに屋外へ出ることをとめることができますか?できるだけ、離れて!と、わたしが言ったところで、

もしかしていきている家族を、放射線が出ているからといって、見捨てることができますか?

できなかった。。。

そして、何もかも失い、やはり生きていくためにはお金が要ります。

もし、職場があってお給料が出るとしたら、新しい土地で再出発するよりは、自分の知っている土地で働きたいと思うこと、。。。

線量が周囲より低いから大丈夫(本当は大丈夫じゃないのに)と勘違いしてしまうのは、そこに住む人たちが、間違って判断していることではないと思います。

そういう風に思ってしまうんです。そう思うしかないともいえる。。

いくら、だめだよ。そこはだめ。なんだよ。こどもは特にダメなんだよ。

今影響は何もなくても。と、わたしが言ったところで、みなやはり、生活が「いま」が大事なのです。。将来そこに住み続けたら、もしかしたら大変なことが起こるかもしれないのに。起こらないならいいんだけど。

これは、やはり、政府がきちんと対応していかなければならない問題。

はっきりいわなかればならいし、保障をきちんとしていかなければならない。

セシウム牛だって、はじめからわかっていたことじゃない。

政府がちゃんとしておけば、南相馬、福島の酪農家もさらに悲しい思いをしなくてすんだのに。

放射能汚染からこどもをまもる  最近作った汚染食品のHPです。

|

« 放射能汚染からこどもをまもる みつけやさん | トップページ | 食品の子ども基準値 »

放射線のこと」カテゴリの記事