« 南相馬のクリ2040ベクレル | トップページ | 落ちている枝も落ち葉も注意・焼き芋 »

内部被曝と症状を結びつける

鼻血がでたり、咳が出たり、お腹がいたかったり、手首の調子が悪かったり、熱が出たり。。

ちょっとした症状がでると、もしかして、内部被曝の影響かしら。。。
たまたまかしら。。。とか。
こどもと暮らしている親は本当に心配です。

わたし的には、このような症状がこどもなどに出た場合、
もしかしたら被曝の影響なのだろうかと、念頭にはおきますが
そういう症状=内部被曝だとは、絶対的には結び付けません。

でも、免疫が弱くなっているから、この時期は気をつけなければいけないと思います。
やはり、インフルエンザでも風邪でも、からだが弱りきっているときに
すぐ漬け込んでくるのです。そういう時は、本当に注意してみてあげる必要があると思います。

サインは見逃さないようにしなければと。いつも気にしています。

ですが、一方で、
生活していくことがいっぱいで、そして情報を敏感に感じることができない親たちは
うえのような症状が出ても「内部被曝」に結びつけることができません。
医者でも、どうしてだろうね。風邪だろうか。みたいなあいまいな診断だったり。
いくらたっても症状が改善しなくても、なんなんだろうと。
医者もそんな「内部被曝」に結びつけることはめったにないでしょうから。
「内部被曝」を考えることはしないと思います。

あの三月のおそろしい爆発のとき、相馬地方にいたとしても
じぶんたちが「被曝」したという意識のない人は
たくさんいるのです。
知るすべ、知る余裕もなかったということもあります。

この問題は時間がたつほど、「もしかしら」への対策が遅れてしまいます。

身近な人が「内部被曝」や「人体への影響」を話したとしても、理解を得るまではなかなか難しいのです。
わたしも身近な家族が、やはり震災後の家族を亡くし、すべてを失ってしまったショックや
なんとか生きていかねばならないことで、
「被曝」や「原発」のことを考えられない状態でした。
しかし、こどもになんらかの症状が出て精神的なものなのか、被曝によるものなのか、
よくわからない症状がでてきてしまっている。

結び付けられないかもしれないけど、結びつけてなるべくリスクを下げるようにしなければと
本当に思う。
そして、政府がこのことをきちんと意識して働かない限り
よくわからない、なんなんだろうという
親たちがたくさんでてくるのではないだろうかと
わたしは思います。

不安をあおるのではなく、今やれることをやらないでどうするんだろう。
「もしかしたら」がおこらないようにしていくことが大事なのに。

PR

「温泉水99」のメーカーサイト!

【完全無料】在宅ワークやSOHOの仕事が見つかる!人材登録受付中!

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト

【リクナビNEXT】

資格取得net

東京書芸学園東京校

基礎から作品作りまで、書道の全てを学ぶ。

資料請求、無料体験入学受付中




|

« 南相馬のクリ2040ベクレル | トップページ | 落ちている枝も落ち葉も注意・焼き芋 »

放射線のこと」カテゴリの記事