« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

リースでごあいさつ

Rimg2145

ひさびさにリースをつくった。
それも、クリスマス後。
自分が没頭しているときってなんだか楽しい。

今回の材料は、去年(おととし)ひろったものです。

やなぎの枝を輪にしたものを土台にして(このやなぎの木が根元から切られてた!)、
ちょっと脱色した松ぼっくりなどを使用。
ナンキンハゼ(白い)、イイギリ(黒い実採取当時は赤色)、モミジバフウ(脱色した)、オオバヤシャブシ(こちらも脱色)。

作ってるときに思ったのは
ん?なんだか
六花亭(北海道)のレーズンバタークッキー。に、似てる。。。

昔よく北海道展や北海道に行くたびに買っていた。
いまじゃ、全然たべてねーな。
食いしん坊なわたし。

みなさんに、楽しいこと、うれしいこと。
ありますように!

また来年。



|

人間関係やらしがらみやらで

なんだかね、最近。
ときどき、ぶつかる壁がある。

社会?

いろんな人間関係。大事だとは思ってるけど、
危険と知りながらも、人間関係やしがらみ、お金払った、買っちゃったやらで
対処がおくれてしまうこと。。。
どうなんかな。。と思う。

うーん。
実は、自分もその中に取り込まれてる。
思いあたるところもある。

同じように、自分も自分の都合に
こどもをつき合わせているような。。。

うーん。。。。

どこに重みをおくのか。。。

いま、南相馬や宮城にいる家族のことにもいえる。。。。

ほんとう、自分ははっきり言えてるほうだとは思うけど、
でも、それでもズバッということができないところもある。
そこが、くるしい。。。
なんというか不器用に毎日過ごしてます。

PR

「温泉水99」のメーカーサイト!

【完全無料】在宅ワークやSOHOの仕事が見つかる!人材登録受付中!

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト

【リクナビNEXT】

資格取得net

東京書芸学園東京校

基礎から作品作りまで、書道の全てを学ぶ。

資料請求、無料体験入学受付中

|

NNSAの追加記事マップなど(静岡プルトニウムの件)

昨日は、寝ちゃったんで、
つづき

NNSAの生データその後、計4回の会見の件。

その生データの地図その1↓
NNSAによる大気中の放射性物質の測定結果

地図その2
福島第一原発事故当初のモニタリングデータマップ

といろいろ詳しく載っています。

まだまだ未消化状態だけど。
少しでも消化できるように。

やはり、免疫力をUPすることは大事。
こどもの楽しい気持ちも大事。
でも、知ろうとしないで無関心でいることは、
自分にとっては、危険。

これからとある都立公園で測定っす。
アロカちゃんとDoseくんで行ってきます。
もしかしたらHoribaくんもきてるかも。
それでは。また。

|

限りなくグレーというか。。。

宮城の名取(仙台市の隣)から静岡まで
ストロンチウムなどが出ています。
米エネルギー省国家核安全保障局のデータからわかりました。
これは、
「平和への結集第2ブログ」さんの記事から知りました。
静岡までストロンチウム89:米エネルギー省国家核安全保障局(NNSA)のデータ

最近、クリスマスモードでぼけぼけしてたので
いつも利用!している
私設原子力情報室」も最近はすっかり覗いてなくて。
今知りました。

私設原子力情報室によると、
「アメリカの政府機関が、福島県内や茨城県、東京都内などで、詳細なサンプリング調査を実施し、データを公開していたことが判明しました。
NNSA(National Nuclear Security Administration:アメリカ国家核安全保障局)による大気中のダストを分析したデータです。

7000件ものサンプリングデータがあり、アメリカ政府および米軍が、福島第1から飛来する放射性物質に対して、きわめて神経質になっていたことが伺えます。」

で、NNSAによる大気中ダスト分析:元データ

私設原子力情報室が目立ったデータを抽出してくださったもの↓
「NNSA(アメリカ国家核安全保障局)による大気中のダスト分析データ」より

「平和への結集第2ブログ」が元データを見やすく並べ替えてくださったデータ↓
主に宮城~神奈川の空間サンプル核種分析

宮城~静岡の土壌サンプル核種分析

とても詳細なデータがわかります。解説は「平和への結集第2ブログ」と「私設原子力情報室」を参考にしてください。

で。。。感想というか、衝撃というか。あーーーー。みたいな。
ああ、やっぱしね。そうだよね。みたいな。
宮城から静岡まで。。。しっかり出ています。という。

わかってはいたけれど、数値で出てきちゃうと
ガツンとやられちゃう。
はー。みたいな。

先日も、島根大根キャベツから微量セシウム。→ http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201112110014.html 
出ちゃってて。
ま、そんなことは、とっくにわかっているんだ。
できるだけ西。なるべく汚染されていないものと。
思っているから。
はっきり、安全って言い切れるもの。九州、沖縄にでさえあるのだろうか。
ってわかっているから。

多分島根に限らず、九州・沖縄なども含めて日本全土が影響受けていると思っているので、
数値に出ない、NDだからって、潜り抜けも当然あるわけだし、
県といっても、広くて、すごく降ったところと、まあまあふったところ、全然降らなかったっぽいところとか
そういうところがあるのも、頭の中ではとっくに理解している。

でも、調査で調べたら、こんな数字が出たと。
いろんな汚染地図があり、いま飛び交っている情報にもついていくのが大変なのに
この地図はどうだろうーとかいってる余裕もなく。
どのくらいの数値がOKなのとか。
低いからとか。
ちょっとわからなくなってきているところが正直ある。

だから、今回の米国の調査みると。
静岡まで? 宮城まで?
この付近は限りなくああやしい。。とか思う。
まだまだ米国さん、データあるのかな? とか
いろんな妄想が。。。頭をよぎる。
野菜だって、ほとんど
結局γだけしか測定していないのだよね。
だから、
NDだって、安全だってますますいいきれない。
そこに隠れているものがあるかもしれない。ストロンチウム。プルトニウム。
もしかしたら、まだまだいろんなところに隠れているかもしれない。

そして数値に出ちゃったってこと。
事実だってこと。
頭では理解しているけど、数値に出されちゃうと。愕然とする。
やっぱりそうでしたね! 。。。無言。
みたいになってしまう。

と、ここで、沈んでばかりも入れない。わかっていたことなんだし。
やっぱり自分の勘? を大事にする。
自分で決めるしかないのか。ねって。

でも、わかってくれる人、気軽に話せる人。
周囲の生活環境ではすごく少ないんだよね。。。。

実のところ、放射能を気にしている人の中でも、いろいろ度合いは違うので
時々へんな気遣いをしてしまったりすることあるんですわ。。。

で、
あまり、悲観的になっているとなんだかうちの中がまっくらになってしまいますので

野菜不足、栄養不足、不眠、消化不良、便秘にならないように
そして笑顔というか楽しい空気というか(気持ちね)。
それを絶やさないように。

自分なりに選んでできることやるしかねえべ。ってことで、まったくまとまりなくて。
すんません。

ということで、そろそろ寝ますわ。
子供たちの体力についていくのと、元気でいるためにごはんつくらなきゃね!



オーガニック。マクロビオテック。こだわりのなかの究極の品がそろう自然食品。雑貨店です。


|

ともだちのこと、どんぐりのこと

先日、新宿御苑に9ヶ月ぶりにいった。
測定のために。

去年は何度も御苑をはじめ、都内の各地の公園などに行きまくってたので、
すっかりできなくなってしまった。

行くとどうしても拾いたくなってしまうからだ。
「どんぐり」や「はっぱ」「木の実」「くさのみ」「まつぼっくり」。。。。

ただ、拾うだけならいいんだけど、わたしの場合
かなりもう、無法地帯に突入して「木の実狩」をしていたもんだから。。。
きれいなところ、いわゆる掃除がきちんとされている場所ではないわけで。
まさに森というところなわけです。
落ち葉を掻き分けて「どんぐり」を探す。本当の宝物探しなわけです。
そんなことを、こどもたちと一緒にやっていたわけで。。
また、同じところに行ったら、気分はトム・ソーヤーとハックルベリー・フィンなわけです。。。

だから、御苑でさえも行けなかった。

結局、9ヶ月めにして測定のために連れて行ってしまったけど。
御苑ならば、いいかという感じで連れて行ってしまった。

実際、測定の数値やなんかは後日「みつけやさん」で報告します。
(アロカPDR101とHoriba,DoseRAE2の三機種で測定してみました)

で、御苑から帰るときに、娘がどうしてもどんぐりが拾いたいといいだした。
娘がとても気に入っているどんぐりの種類で、殻が固い、虫が少ないどんぐりだ。
磨くと、ぴかぴかになる。
「いいよ」と言ってしまった。

どんぐりは、べつにいつでも「ウェルカム」なのだ。
わたしが、境界線を引いてしまっただけ。
そのどんぐりは、あいかわらず美しい輝きをもっていた。
ジーパンでこするとすごい輝き。気のせいか去年より「デブどんぐり」になっている。。
ついつい、後で洗って乾かして、別にしとけばいいかしら。。。
なんて思ってつい、7分くらいの間にびっくりするほど拾ってしまった。

人は、超えてしまうと、なんだか「慣れて」きてしまう。
拾ってしまったことで、自分の境界線がすこしうねってしまった。

なんだか、どんぐりのこと、ともだちとの関係に似ているなと思った。

変わったのはわたしなのか?

わたしが境界線を引いてしまっているのか?

友人や家族、つれあいとはどこか同じように思っていたいと思ってしまう。
自分が興味のあることには同じように興味を持ってもらいたいなと思ってしまう。
自然なことだ。
理解してほしい、わかってほしい。そして、どこかで、同じように思ってくれると
こっちがいってほしい「ことば」を期待している。

そしてそんな「ことば」が返ってこないとがっかりする。
自分だけの一人芝居のような気がする。
批判されてしまうと、めげてしまう。
別々の人間だからこそ面白いのに。
あまりにも同じようだとイヤになることもあるし。

でも、一方で、この「放射線の問題」をきっかけとして
趣味とかそういうのを超えた
その人本来のもつ人間の生き方、こどもへの考え方に触れたような気がする。
いままでの友人の考えもわかってしまったような(そこになんだか落胆しているんだろうけど)。

そこでうまれた友情もある。
なんだか、趣味とかそういうのを超えたなんというか安心できる友人。

自分の中で、どこか境界線を引いている。
なんなんだろう。
好きなのに、なんだかがっかりしてしまっている。
本質に触れてしまったような。
でも、本質ってそもそも何?
何もかも同じってわけじゃないじゃない。。。って。わかってるじゃん。
好きなもん、は好き。。
分けて考えりゃいいじゃん。。。って。

あと、最近思っていること。
「意識が低い」「高い」とか。
なんか放射線のこと考えているか考えていないかで
「意識が低いとか高いとか」決められちゃうの? って最近思っている。
なんだかそういう上目線だったり、下目線だったり。
意識するのは大事だけど。
ちょっと難しいなと最近感じます。
この問題も周りとの問題もあるから
とりあえず、「つづく」って感じですが。

あいかわらず、あいまいな不器用な道歩いています。。。

<

|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »