« おおかみがきたぞ。本当のことわからない。 | トップページ | 別々の人間。 »

2012冬現在、選んでるもの。避けたいなーと思うもの② 

わたしのいまんとこの食品選び

はるにむかって、ストック追い込みしています。
春頃に切り替わるもの(粉とか、カルシウム系)が多いので。
最近買ったのは、料理酒と酒かす。
なくなりそうな去年の小麦(地粉)や国内産小麦製品、白玉粉。
昆布類。干ししいたけ。
こんな感じです。あとは、わりと、ストック多いものはそれなりにあるけど、
切れてしまいそうなものは切れてきました。
あと、賞味期限が迫っているもの。ま、虫がわいてなければね。平気。乾物は。

魚とか。魚は、4月になる頃には、なくなってるかな。
切れたら、長崎、鹿児島あたりの魚を買います。
小魚(ちりめんじゃこ)も切れそうなので。
切れたら大地を守る会で鹿児島産のちりめん売ってたので買うつもり。

貝は食べてません。九州産とかでも。ちょっと様子見。砂入っちゃってるから。しじみ、泥すっちゃってるから。
すんごい、貝は好きなのでガマン中です。これも、様子をみて(数年)選びたいと思う。

果物は、文旦とか今は食べています。

野菜は、九州、四国、中国の有機、無農薬の野菜を中心に選んでいます。
有機、無農薬がない場合は、九州あたりとかの野菜。
きのこは、しいたけは買ってない(菌床でも)。えのきやぶなしめじ、マッシュルームはたまに買っています。
買ったら、ちょっと処理してから食べています。
干ししいたけは、まだ3.11以前のものがあるのでそれを使用。
(結局、3.11以前でも根強くセシウムは検出されているという事実を噛み締めながら使っています)。

青森が産地のもの→りんごは食べてる(もらったものがあるので。ときどき)
にんにくは、いまのところ、九州のものを買いに行ってる。なかったら、青森のものを買うかもしれない。
ないからといって、野菜は中国産を買うことはしない。(といっても、加工品の細かい材料が中国原料のものあるかな)
長いもは、北海道のものが割りと流通しているので、青森よりは北海道。でも毎週食べているわけではなく、
2、3週間にいっぺんかな。

卵は中国地方の確かなものを選んでいます。一応、鳥は大丈夫(飼料が外国産、屋舎)といわれているけど、だからといって、不健康な鶏は選びたくない。
肉は、基本九州のを買っています。生産者がわかるもの。
妙な飼料をつかっていないところ。
秋川牧園などのような飼料のでどころがきちんとしているところ。
それと、動物性飼料(魚粉)などを使っていないところのほうが安心だなと思う。

で、なるべく安全なものを入手したいと思うけれど。
有機農法、無農薬といっても、やっぱり、関東周辺や東北のものは、ちょっと手を出せずにいるというのが
私の現状です。でも、場所によっては、大丈夫だとは思う(思うだけかもしれないけど)。
ここ、2、3年の測定結果や移行係数とかそういう状況によって、今後の選択は決めていこうと思っている。
あと、調理の仕方などで変わると思うし。摂る量にもよるしね。
できたら国産で、なるべく安全なもので(遺伝子組み換えじゃない・無農薬・有機)、産地を散らしながら、様子をみてる。
それしか、いまはいえない。

加工品に関しては、水。特に怪しげな地域(汚染された疑わしいところ)以外は、大丈夫なんじゃないかと
思っているけど、そういう場合は、単純な材料で作っているものしか買わないようにしている。
余計なものは、調べるのも面倒になってしまう。
ただ、脱脂粉乳や濃縮しているようなものが加工品に入っていないかチェックしてる。

お茶はルイボスティーにしている。三年番茶については、わたしのHP「みつけやさん」で。

牛乳はもう、買っていない。ただ、イベントのときは、きすきの生クリームを買っている。
生クリーム情報

ちなみに、放射線対策で、わたしはサプリはとらない。
サプリもこわいから。濃縮してたり、コラーゲン(魚や動物、カニとかの使っている)やら魚粉、緑茶(カテキン)やら、結構、高くでてるところのもの使ってるし。案外国産もものも多し。銀杏の葉っぱとか。柿の葉とか。葉っぱもね。もともと、あんまり摂らないので食品で気をつけるようにして摂らないって感じです。

調味料はまだ、伝統的手法のものがまだまだある。切り替え時期だけ見誤らないようにすれば大丈夫だと思う。

やっぱり、放射能も怖いけど、それと同じように遺伝子組み換え、農薬、ポストハーベストなどのことも
忘れちゃいけない。
そして、3.11以前にすでにあった(チェルノブイリや核実験)放射性物質のこともちゃんと理解しておかなければ
と。思う。
実際、3.11以前の長崎のわかめ、九州のしいたけ、各地の葉物野菜、土壌にしっかりと入っている。

平成20年度 環境放射能水準調査結果 総 括 資 料(財団法人 日本分析センター)

3.11以前の牛乳やら土壌、大気浮遊塵やらの過去の測定データが見れる。環境放射線データベース

これらを3.11後に見て、ああ、わたしの知らない間にからだの中へ取り込んでいたかもしれない。
この影響が今回の事故の土台にあるのも理解していかなければならない。

知らないときはなんでもなかったのに
知ってしまうと気になりだす。
でも、それって自己防衛本能が働いているような気がする。
ありがたいことにわたしは、それを少しでも気づけてる。
それって、大きいことだと思う。


最近、おさぼりぎみなのは、掃除。春だし、花粉だし。大掃除しなきゃなって考えてる。

この続きはまた。次回は輸入系の話かな。

みつけやさんの関連ページ
宅配の放射能対策の比較

メーカー、市民の放射性物質リンク

各メーカーの放射性物質検査、対策など(宅配や自然系のメーカー、天然酵母について)

西や島の食材情報(ネット・リアルショップ)

PR








|

« おおかみがきたぞ。本当のことわからない。 | トップページ | 別々の人間。 »

放射線のこと」カテゴリの記事