« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012冬現在、選んでるもの。避けたいなーと思うもの② 

わたしのいまんとこの食品選び

はるにむかって、ストック追い込みしています。
春頃に切り替わるもの(粉とか、カルシウム系)が多いので。
最近買ったのは、料理酒と酒かす。
なくなりそうな去年の小麦(地粉)や国内産小麦製品、白玉粉。
昆布類。干ししいたけ。
こんな感じです。あとは、わりと、ストック多いものはそれなりにあるけど、
切れてしまいそうなものは切れてきました。
あと、賞味期限が迫っているもの。ま、虫がわいてなければね。平気。乾物は。

魚とか。魚は、4月になる頃には、なくなってるかな。
切れたら、長崎、鹿児島あたりの魚を買います。
小魚(ちりめんじゃこ)も切れそうなので。
切れたら大地を守る会で鹿児島産のちりめん売ってたので買うつもり。

貝は食べてません。九州産とかでも。ちょっと様子見。砂入っちゃってるから。しじみ、泥すっちゃってるから。
すんごい、貝は好きなのでガマン中です。これも、様子をみて(数年)選びたいと思う。

果物は、文旦とか今は食べています。

野菜は、九州、四国、中国の有機、無農薬の野菜を中心に選んでいます。
有機、無農薬がない場合は、九州あたりとかの野菜。
きのこは、しいたけは買ってない(菌床でも)。えのきやぶなしめじ、マッシュルームはたまに買っています。
買ったら、ちょっと処理してから食べています。
干ししいたけは、まだ3.11以前のものがあるのでそれを使用。
(結局、3.11以前でも根強くセシウムは検出されているという事実を噛み締めながら使っています)。

青森が産地のもの→りんごは食べてる(もらったものがあるので。ときどき)
にんにくは、いまのところ、九州のものを買いに行ってる。なかったら、青森のものを買うかもしれない。
ないからといって、野菜は中国産を買うことはしない。(といっても、加工品の細かい材料が中国原料のものあるかな)
長いもは、北海道のものが割りと流通しているので、青森よりは北海道。でも毎週食べているわけではなく、
2、3週間にいっぺんかな。

卵は中国地方の確かなものを選んでいます。一応、鳥は大丈夫(飼料が外国産、屋舎)といわれているけど、だからといって、不健康な鶏は選びたくない。
肉は、基本九州のを買っています。生産者がわかるもの。
妙な飼料をつかっていないところ。
秋川牧園などのような飼料のでどころがきちんとしているところ。
それと、動物性飼料(魚粉)などを使っていないところのほうが安心だなと思う。

で、なるべく安全なものを入手したいと思うけれど。
有機農法、無農薬といっても、やっぱり、関東周辺や東北のものは、ちょっと手を出せずにいるというのが
私の現状です。でも、場所によっては、大丈夫だとは思う(思うだけかもしれないけど)。
ここ、2、3年の測定結果や移行係数とかそういう状況によって、今後の選択は決めていこうと思っている。
あと、調理の仕方などで変わると思うし。摂る量にもよるしね。
できたら国産で、なるべく安全なもので(遺伝子組み換えじゃない・無農薬・有機)、産地を散らしながら、様子をみてる。
それしか、いまはいえない。

加工品に関しては、水。特に怪しげな地域(汚染された疑わしいところ)以外は、大丈夫なんじゃないかと
思っているけど、そういう場合は、単純な材料で作っているものしか買わないようにしている。
余計なものは、調べるのも面倒になってしまう。
ただ、脱脂粉乳や濃縮しているようなものが加工品に入っていないかチェックしてる。

お茶はルイボスティーにしている。三年番茶については、わたしのHP「みつけやさん」で。

牛乳はもう、買っていない。ただ、イベントのときは、きすきの生クリームを買っている。
生クリーム情報

ちなみに、放射線対策で、わたしはサプリはとらない。
サプリもこわいから。濃縮してたり、コラーゲン(魚や動物、カニとかの使っている)やら魚粉、緑茶(カテキン)やら、結構、高くでてるところのもの使ってるし。案外国産もものも多し。銀杏の葉っぱとか。柿の葉とか。葉っぱもね。もともと、あんまり摂らないので食品で気をつけるようにして摂らないって感じです。

調味料はまだ、伝統的手法のものがまだまだある。切り替え時期だけ見誤らないようにすれば大丈夫だと思う。

やっぱり、放射能も怖いけど、それと同じように遺伝子組み換え、農薬、ポストハーベストなどのことも
忘れちゃいけない。
そして、3.11以前にすでにあった(チェルノブイリや核実験)放射性物質のこともちゃんと理解しておかなければ
と。思う。
実際、3.11以前の長崎のわかめ、九州のしいたけ、各地の葉物野菜、土壌にしっかりと入っている。

平成20年度 環境放射能水準調査結果 総 括 資 料(財団法人 日本分析センター)

3.11以前の牛乳やら土壌、大気浮遊塵やらの過去の測定データが見れる。環境放射線データベース

これらを3.11後に見て、ああ、わたしの知らない間にからだの中へ取り込んでいたかもしれない。
この影響が今回の事故の土台にあるのも理解していかなければならない。

知らないときはなんでもなかったのに
知ってしまうと気になりだす。
でも、それって自己防衛本能が働いているような気がする。
ありがたいことにわたしは、それを少しでも気づけてる。
それって、大きいことだと思う。


最近、おさぼりぎみなのは、掃除。春だし、花粉だし。大掃除しなきゃなって考えてる。

この続きはまた。次回は輸入系の話かな。

みつけやさんの関連ページ
宅配の放射能対策の比較

メーカー、市民の放射性物質リンク

各メーカーの放射性物質検査、対策など(宅配や自然系のメーカー、天然酵母について)

西や島の食材情報(ネット・リアルショップ)

PR








|

おおかみがきたぞ。本当のことわからない。

東電、政府。
おーい! 
かくしまくりだから。みんなが右往左往して大変だぞ。
わたしも、かなり目にするたび、聞くたび、疲労度が。。増す!
いい加減にしてくれ!(今日もエーと思って、夫に電話してしまったではないか!)

かくしたり、へんなとこに気を使うから
出す情報に対して、みんなが疑心暗鬼になってしまう。

おかげで、みんなで見張っている。
でも、その見張りって、いろんな人が見張っているから
捉え方によって、見方によって、全然意見が違うから。。
いろんな情報が飛びまくる。

ありがたいのだけれど、
どれが正確な情報なのかよくわかんない。
よさげなひとが、ツイートしていないときもあって
遠回りするときも。しばしば。
震災後、本当にツイッターには助けられている。

2号機のこと、4号機のこと。
え? 温度上昇! 400ぶちきれた?
いや、故障です。とか。

もう、東電や政府が「故障」といっても、みんな素直に思わない。

だから、みんな、自分で考えるようになった(まだまだ一部なんだろうけど)。
えー、本当なの?
ツイッターやネットをあちこち探るわたし。
いろんなモニタリングや降下量までチェックして。
いろんなURL携帯にぶっこんで。

それさえも、こどもいると、めんどい。
今日は、おかげで、寝る時間がおしちゃってるよ。

とにかく、これはこういうことで、こうなんだ! と詳しく教えてくれ。
もう、ずーーとぶっとおし、やっててほしい。
それくらいの責任でやってほしい。
何個も町つぶして、
みんなが怒ったり、ないたり、離婚したり、疎開したり
転職したり。。。
みんなにお金どんどんつかわせて。

youtubeとかUstとか、とっても助かるんだけど、
ちょっとアナログ世代のわたしにはまだまだつかいこなせてない。
原発ライブニュースずっとやってるみたいな。
放射線量、モニタリングやりまくり。降下量。花粉予報。
原発チャンネルみたいなのないかしら。。
正直あちこちさがすの、大変で。ときどき、しんどい。
ま、それでも、いろんな人がいて、苦手なところみんなであーだ、こーだつっこんで
みんな素早いから。本当、助かってます。
ありがとう。



|

3.11が来ること。と、魔法の言葉。

もう、あと1ヶ月もない。3.11まで。

あの時、友人の家にいた。
いままで福島にいたときでも、東京にいたときでもあんなに揺れたことはなかった。
あまりにも揺れが長かったから、気持ちも悪くなったし不安になった。
友人の父親がテレビをつけたら、そこには、仙台の平野が
どんどん波に飲まれていく。。。映像。
恐ろしくなった。その時は、まだなんとなく他人事だった。

家に帰って、相馬の妹から留守電があった。今原町(南相馬)の実家で、ものは壊れた。
ただ、相馬の自分の家に何度電話してもつながらない。これから向かうと。
聞いた瞬間、もう、他人事ではなくなった。
相馬も、原町も大変なことになっているかもしれない。。
交通も遮断。気が狂うようにテレビで相馬や南相馬の映像を探した。
妹のうちは、どうなったのか。こどもはどうなったのか。
そして原発の事故。
夫は、真っ先に「牛乳は飲まないこと」。
そして、「西へおまえらだけでも行け」と。

なかなか決められなかった。妹の家族が、みつからない。
「なるべく遠くに逃げて」といっても、ガソリンはない。みつからない。
逃げられない。そんな家族をおいて東京を離れることなど考えられなかった。
ただ、わたしは、ちいさな子どもの親だった。それだけに東京を離れる決断をしなければならなかった。 

それから、だいぶ時がたったような気がする。
夜、眠る前に、その時のことを考える。
そして、3.15、こどもを幼稚園に行かせてしまったことを考える。
南相馬の母や、宮城にいる妹のことを考える。
自分が暮らしてきた原町のことを考える。
暮らしてきた時を考える。18までずっとわたしが暮らしてきた町なのだ。
嫌で嫌で家を出たところは、あったけど、
ちょっとした道や路地や山、それはそれまでわたしの毎日のすべてだった。

3.11から全てが変わってしまった。

西の作物や、測定したものでNDのもの。
無農薬野菜。有機農業。
自分の選択をよく考える。
子どもたちへのリスクを考える。
生産者のことを考える。

思うだけは、考えるだけは簡単なこと。
避けることは、簡単なこと。
どうしなければいけないのか、自分にできることはなんなのか。
でも、こどもたちへの影響が、どこでどうリスクがかかるのかわからない。
いろんなことで探りだした結果がもたらすこと。
食べ物、生活場所、保養、移住、あそび、学校、家族。

放射線の問題だけではない、ほかのリスク、こころの問題。
自分がどうしたらよいのか。

そんなとき立ち止まる。

「ずっと、ずっと大昔、人と動物がともにこの世にすんでいたとき 
なりたいとおもえば人が動物になれたし 動物が人にもなれた」
「魔法のことば」って絵本がある。
もうずいぶん前に、今、福島のある村にいる友人が教えてくれた絵本。
エスキモーの人々に伝わる詩の絵本。
この絵本を読んだとき、なんというかエネルギーを感じた。

「ぐうぜん口をついたことばが 不思議な結果をおこすことがあった」
「ひとがのぞんだことが ほんとうにおこった」

言葉の力ってすごいなと思った。
たしか昔広告で読んだことあるんだけど(どっかの心理カウンセラーの人が書いてた)
まんじゅうの外側の皮も、あんこも、どっちもまんじゅうだって。
あたりまえのことなんだけど。
よく「たてまえ」とか、「外面」とかいうけど。
そんなことはない、別々の自分じゃない。
それが、まるごと自分なんだって。
嘘も方便。嘘つくのも自分。
自分の言葉じゃない。
会社が。学校が。
これは自分じゃない。
そんなわけない。
生活、将来。なにかに理由つけて
そこに所属し、生きている自分を認めなければ。
嫌ならやめればいい。
やめないなら、それは自分なんだ。
認めることが自分を深く意識できる。
できないこと。できること。

素直に認められればいんだけど。
なんだか、いろんな自分を取り巻くしがらみ?というか
そういうものを知ると、自分ってどんなやつなのかわかってくる。
正直、わたし、さらけ出すの怖いです。。。
認めていくのも怖い。で、どうにかしようって思わない限り動かない。
洗濯のたたみ方苦手。掃除が苦手なとことか。
いまだ、苦手続行中。

知ること。思うこと。考えること。口に出すこと。行動すること。
やり方はいろいろ違う。
ペースはいろいろちがう。

自分のこと、まず考えることで、
何もしていないようで、すべては始まっている。
ただ、他人にわかってもらうには、こどもの元気を作るには
していかなければならないことはある。

3.11がやってくること。
まだ、なんか慣れられない。

PR

「温泉水99」のメーカーサイト!

【完全無料】在宅ワークやSOHOの仕事が見つかる!人材登録受付中!

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト

【リクナビNEXT】

資格取得net

東京書芸学園東京校

基礎から作品作りまで、書道の全てを学ぶ。

資料請求、無料体験入学受付中





|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »