« フツーって何? | トップページ | 大根がないねー 春のこと »

慣れてしまうこと。外食や外遊びなど

慣れてしまうこと。
放射性物質のことで、すべてに「慣れてしまいたくない」と
思っている。
でも、心のどこかで「平穏な生活を取り戻したい」と思っている。
人によれば、それは「移住」とかいろんな形があると思う。

私たち家族は、去年の事故の後、島根県に移動した。
夫が仕事を再開することになり、
夫だけ東京に行かせることはできなかった。
夫のいない生活は(まあ、普段からあまりいないにはいないんだけど)考えられなかった。
いまも、恐怖の中、家族一緒ならと島根から東京に戻ろうと夜行列車に飛び乗ったことを思い出す。

だからといって、こどものことを考えると
こういう生活はどうなのかなと思うこともある。
あらゆることを考えながら、今も模索中です。

それだけに、いま東京にいるならば気をつけておかなければならないことは

放射性物質を吸い込んでしまうこと。
食べ物もだいじだけど、空気ってないと死んじゃうから。。大事。

現在、東京では、以前より原発からの放出は全くなくはないが、
大気中に漂っているものは、多少はあると思う。
すでに放出されて降り積もった「土ぼこり」や「花粉」などの影響。
風に運ばれてやってくる。
グラウンドの砂、人の動きや車などの進入などによって舞い上がる放射性物質の「ほこり」。
そういうものに一番注意を払わなければならないと思う。
これがあるから、自然と触れ合うことができないから、
いまだに心の片隅に「ある」気持ちがある。

それと、食べ物のこと。
水は、うちでの料理などには極力気をつけています。
人間の肉体のほとんどは水なわけで。
放出やら土ぼこりやらの不安があるうちは、水を買い続けると思う。

うちの家は、全く外に出てしまわないうちではない。
去年の夏頃から、散歩も行くし、公園にも行く。
公園はなるべく行く回数や制限をつけてはいるけど、
こどもというのは、連れて行ってしまったら制限をつけにくい。
砂場に行かないでほしいのに
いってしまう。
本当、ここを徹底できたらいいのだけど
そうもいかないことがある。
娘はさすがに7歳(小学校1年)なので、砂場に行くことはほとんどない。息子は、行ってしまう。

それだけにうちでは、うちで作るものに関してはなるべく気をつけなくてはと考えています。
外でたまに外食することもあるけれど、なるべく影響が少ないものを選んでいる。

たとえば、出かけてありあわせのものがなく、買い食いみたいなことをするときは、
なるべくシンプルなものを選ぶようにしている。
例えば、お菓子より、パンを選んだり、飴やこんぶなどにする。
パンは食パンやフランスパン。
脱脂粉乳などの影響が受けやすく、濃縮するものは避けている。

和食のお店よりもイタリアンを選ぶ。
和食のお店は、わりと、いろんな調味料がふんだんに使われていることもあるので
気になりだしたら、きりがないくらい。
たとえば、そば。セキュリティトウキョウさんの測定では信州なんかでも検出されていたし、
蕎麦屋の場合、そば、だし汁。
わさび(本わさびのところがある)。てんぷら(山菜や野菜)どうしても食べなきゃいけないときは、うどんを選ぶ。
とくに、こだわりの蕎麦屋とかは。。ちょっとやばそうですね。
わつぃ、蕎麦好きなので、本当に泣けます。。。
イタリアンならば、サラダ以外はわりとあんまり心配することがない。
麺からしてほとんど外国産だし(まあ、それはそれで問題だけど、外食はそもそもそういうリスクを覚悟してなければならないと、わたしは思っている)、キノコスパとか頼まなきゃね。
カレーとかラーメン屋とかは、頭が痛くなるので考えないようにしている。

でも、慣れって、本当に怖い。自分が、面倒でつい一歩はみ出してしまうと
芋づる式だ。
どんどん、慣れていく。
東京において、
屋外に行くこと、遊びに行く限り、食べ物でのケアや適度な運動、十分な睡眠で
隙を見せないように心がけるのは必須条件。
今日は、羽目をはずしちゃったって。
修正できるうちはいいけど、修正できなくなってしまったら。。。
それを考えると
慣れすぎないこと。
「やりすぎないこと」。
あと、気合!

それと、ただ頭でっかちになって「避けること」ばかりに意識を持っていって
本来の自分というか、目を向けるべきさまざまなリスクを見失わないようにしなきゃなーって。
思っては、います。。。
そんなわけで、
自分をたまに、ずったずったに切り裂きながら
あれこれと考えているかんじです。

PR

【完全無料】在宅ワークやSOHOの仕事が見つかる!人材登録受付中!


趣味のスクールなら【Gooスクール】





|

« フツーって何? | トップページ | 大根がないねー 春のこと »

放射線のこと」カテゴリの記事