« 2012冬現在、選んでるもの。避けたいなーと思うもの②  | トップページ | フツーって何? »

別々の人間。

えー、あんま夫とのやりとりは恥ずかしいんですが。
それで思い出したというか、。最近よくあることを思いました。

昔、18年ぐらい前だったけかな。
うちの夫と同棲し始めたころ、なんだかお互いまだよくわからないとき、
考えの相違で
「君とボクとは別々の人間なんだからしょうがないだろ」と言われたことがあった。
同じように思いたくて、気持ちが伝わらなくて、悲しかったけど。
その言葉。そうなんだよね。だから、そうなんだよねって思ったことがあった。

ここで、ふと、今、思い出した。
私の大好きな漫画家山岸凉子せんせの『日出処の天子』のラストの
厩戸王子と毛人(えみし)のやりとりで、
毛人が
「王子 人とは もともと一人… なのです」
厩戸
「そなたは一人ではないではないか」「そなたは布都姫(ふつひめ)と二人!」
毛人
「いいえ わたしも 布都姫もそれぞれ一人です」
「王子のおっしゃっている 愛とは 相手のすべてをのみ込み 
相手を自分と寸分違わぬ何かにすることを指しているのです」
「もとは同じではないかと 言い張る あなたさまは わたしを愛しているといいながら
その実 それは… あなた自身を愛しているのです」
「その思いから 抜け出さぬかぎり 人は 孤独から逃れられぬのです」

別々の人間だからこそ、世界は面白いと思う。
でも、みんなバラバラでは、世界も進んでいくには難しいところもある。
どこか、学校でもそうだけど、
「これができないと」とかいろいろある。できないとだめなの? ってわたしは思う。
みんなと同じなのはうれしいけど、みんなおんなじではわたしはつまらないと思う。

なんで、こんな話なのかなというと、
最近、この放射能でつながった人間関係、または、放射能を気にする人をさらに人格まで批判してしまう話などを耳にしたりしたからだ。

ふと、放射能を気にしているってだけで、みんな今までのバッググラウンドはなしで
つながってる。
それはそれでいいと思う。ガレキや署名、脱原発。みんなでつながって大きな力にしなければ
ならないときもある。
でも、そのつながりだけで、みんなが自分と同じ考えとは限らない。
こどもとの接し方、食べ物の認識、金銭感覚、くらしてきた環境。
別々の人間なのだ。
いつのまにか、おなじような目的や、おなじような思いで、すべてとはいかないけれど
いろんな感覚をどこかで共有という、「そうだよね」をどこかで期待してしまう。

わたしは、南相馬にいたときから、変人で。学校でも変人。親からは宇宙人扱いされていた。
同じ考えじゃないと、異端者扱いされる。でもそれが、まあ、ここちよいところもあった。
性格的に明るいかったせいか。わたしが、クラスで仲間はずれみたいな子と遊んでも
批判されなかった。「あいつはちょっとおかしいから、べつにいいか」って。
わたしからすれば、面倒なことに首突っ込まなくて済んでいたかんじ。
(でもそれは、ある意味、逃げていたのかもね)

そのころから、かなり自分なりに疎外感があった。
で、別の土地へ行って、同じような考えの人間を見つけると、
いままでの自分の孤独から解放されたような気持ちになった。
音楽や、本、映画。。。もそう。
すごく、満たされたような気がした。
たしかに、全く別々では、人間関係はうまくいかない。
そのひとを、その人の本質をみつけることが大事なのではないかと思う。

それと、最近残念な話だけど、放射能を気にしない人が、
それも世間では
「みんなちがってみんないい」みたいなことを言っている人たちが
自分の中のグループ(所属している場所、学校、幼稚園)に、異端者がいると(教育などに関しての相違)、
あのひと、放射能だけでもうるさいのに、こどもの教育はなってない。。。
みたいにいっているケースを聞いた。

教育観が違うと、異端者になる。らしい。
おまけに、放射能がつくと、すげえ異端者になるらしい。

正直、いろんなことにおいて、全く別々(笑)では、困るけど、
放射能、原発反対だからとかだけで。
おなじグループだというだけで。
全てがつながっているという、押し付けってちょっと勘違いしてませんか?
って思う。

個人それぞれが、決めていかなければならない現在。
もともと、自分のことは自分で決めなければ進めない。
他人に決めてもらうことではない。
世間体とかね。
そのひとを、認めるというか、そういうの大事。
バッググラウンドを忘れていないか? と。時々思ってしまう。

認めたくないなら、そこにいなければいいし、きかなければいい。
それと、口先だけの「みんなちがってみんないい」みたいな八方美人面はどうかなと思う。
事実、そんな「ポエム」みたいに、日常はすすまないのだ。

そんなこといっても、私も八方美人ヅラしているときもあるし、
どういようもないなー。みたいなところばかりで、うんざりです。

わたしも、原町(南相馬)を出る前から、世間体とか家社会とかのしがらみばかりで
どこか自分というもの、存在を通り越して、
親が世間体を大事にしているのがとても嫌でした。
親にとっては、それなりに私が生きていける道を探してくれたのかもしれないけど。
なんだか、まとまりないな。
この問題も中途半端に続きます。


次回は、「フツーって何?」です。それでは。また。

|

« 2012冬現在、選んでるもの。避けたいなーと思うもの②  | トップページ | フツーって何? »

放射線のこと」カテゴリの記事