« こどもが遠足に行く場所を測定する | トップページ | 水のこと スーパーROやミネラルウォーター »

サウイフモノニ ワタシハナリタイ

二十歳ごろ、そういや岩手の花巻や遠野に旅行にいったっけな。

「サウイフモノニ ワタシハナリタイ」
宮沢賢治の雨ニモマケズの手紙の複製買ったりして。

もう、15年以上前になるだろうか。
電車に乗ったら、車内に缶がごろごろ転がってた。
「あ、転がってる。誰だよ捨てたの」と心の中では思っていても
よくある当たり前の光景だけに、見ないふりをしていた。
次に停車した駅で入ってきた外国人が、すかさず拾ってた。
「あ!」って思った。
拾えばいいのだ。
わかっていたけど、当たり前と、なんというか
そういう環境に慣れてしまって
気になっているのに
しらんぷりするというような感じになってた。

すごく、恥ずかしった。自分の気持ちに。ごみがあるのにしらんぷりしている自分。
あー、あーなれたらと。

それから3ねんぐらいたった時のことだったと思うけど、
東京に雪が降り積もった時に田舎の母親がたまたまきていた。
散歩していて、雪を食べているひとがいた(おじさんで)。
「あ、雪食べてる!」といったら
母親が
「あのひとは、昔、あーして雪食ったことあるんだべ。なつかしくて食ってんだべ」って。
わたしは、あんなおじさんが雪食べてるなんてって
ちょっと冷やかしのつもりでいったんだ。
そうだね、そうなんだよね。そういう気持ちなんだよね。
なんか忘れてた。
そういう表面だけのことしかみないわたしになってたなって思った。

ひとの行動や言葉って大事だなって思う。
そのころから、自分の中にわき出ることをなるべくせき止めないようにしている。
ある意味、あんま考えずに行動しているあるなー。

でも、なんというか、うしろめたい気持っていうんだろうか、そういうのって、
なんとなく顔とか行動とか、言葉とか、生活とかにあらわれて来るような気がする。
しわとかってのも、そうじゃない?筋肉の使い方っていうか。
だから、眼鏡が一部化していると、顔の筋肉づかいもちがう。

こーいうことができたらなって思うこと、たくさんある。
ちょっとでもできそうなことは、完璧じゃなくてもちょっとでもできたらなって思う。

「サウイフモノニ ワタシハナリタイ」。
そういう気持ち。
ちゃんと、結びついてつながっていくように。

余談。
現在、マンションの玄関にちらしちらかっていて、拾い集めることができたりしてる(笑)。ただし、時間に余裕がないときは、後回しで(笑)


美しい生駒高原から湧き出た天然水●2ケース送料無料! 宮崎県 霧島・生駒高原の水 ナチュラ...


|

« こどもが遠足に行く場所を測定する | トップページ | 水のこと スーパーROやミネラルウォーター »

日日のこと」カテゴリの記事