« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年10月

たねのゆめの「ひろいもの」

たねのゆめ。

いろんな種を拾っていくブログ。
もちろん、植物の種だけでなく、いろんなくらしのたね。
じぶんのたねも。
3.11以来
植物のことが、ちょっと遠のき、
このブログはいつしか放射能のこと中心になってしまったので
植物などのネタは
たねのゆめ・ずかん」に引っ越しします。
新旧ネタで入り混じりです。

|

幼稚園の砂

去年は、娘が小1になり、息子もまだ三歳だったので幼稚園に通っていませんでした。

とはいえ、幼稚園に通っているお母さんの友人とはつきあいがあったので
外部のものなのに、幼稚園事情にはとても詳しかったんです。
幼稚園は、もともと。
とにかく他のお母さんたちに何かをすすめるような幼稚園ではなかったので
放射能のこともはじめは、結構勉強しているかのように思えて残念なことばかりでした。
実は、天候やなにやらで、恒例の砂場ふるいや砂を足すことを
去年のあの事故以来幼稚園はやっていません。そのまんまなんです。
測定もしたり(表面汚染だけ)はしているのですが、
砂は足していない。
ずっと気になっていたので、先日友人と幼稚園の園長とお話ししました。
いちばん心配な土壌のこと。
プログラムのこと。砂場のことなど。
以前より大分親身になって考えてくださるようになり
じつのところ、安全な砂を探しているとのことでした。
安全な砂の候補を業者に出してもらっているそうなんですが
なかなか団子をつくるのによい砂がないとのことでした。
これは、お話しする以前からきいていたので
友人が探してみつけたのが
宮崎の砂。
焼き砂です。
抗菌剤入りもありますが、私的にも、幼稚園的にも抗菌剤入りはぶーー。
とりあえず、提案はしてみたけど、実際サンプルがないとどうにもこうにも。
その砂場を足すにしても、その前に
土壌のサンプルを測定してほしいとお願いしました。
これは、園長もはかる方向で考えたいとおっしゃってくれたのですが
なにぶん、私立幼稚園ということもあり、園長だけの決断ではできないのです。
わたしははかったからいいと言うのではなく
できれば、多少とり除いて(園庭の隅に埋める)足すとかを
さらにしていただけたらなって思ってます。
どうなるかはわからないけど。
話してみないとわからない。
それも何度かディスカッションしていかないとむずかしいなって思う。
わたしは、こんな時代になったんだから、国とか人種とか、政党とか、宗教とか超えて、こどもたちやみんな自然の未来のために、みんなが協力してやったらいいのになっていつも思ってる。
できれば、保育に関わる教師やおかあさんたちと
知恵を出し合うディスカッションができたらいいなあと思うのです
言葉って、むずかしいでしょ。
聞いた人の感覚で伝わっていくから
本人の思っていることと別の方へ行ってしまうことがある。
言葉って。発した時点でひとり歩きする。
事実になっていくんだよな。

|

秋の行事。サツマイモと放射性物質。

徳島のサツマイモ。うめーーー。

本当にうまい。前から産地なのもあるけど
今は、もっとうまく感じる。
同じ幼稚園の友だちから、来週イモ掘りだって聞いて。
そんな季節がとうとうきてしまったなと。
うちの息子が通っている幼稚園は
年少さんのときは、イモ掘りじたいには参加しないんです。
年中さんから川越の農家にいってイモ掘ってくるの。
娘も山ほど持ちかえってきてました。
ただ、年少さんには、もれなく「おみやげ」。たっぷりのイモがついてくるのです。。
去年友だちは、芋は実家にあげたらしい。
園や学校でつくったものを「差し替える」のは今や常識。。
わたしも、やってます。
なかには、影響の少ない食材、トマトとかは(娘が小学校からお持ち帰り)、
どうにもごまかしがきかなくて(娘の監視の目が)
混ぜまぜして食べました。
うちでは、放射性物質のことは話しているけど
こどもだけに、まっすぐにうけとめるというか
言葉の影響というかっ。。
大人が思っているよりもびんかんというか。
感受性が豊かなので
できるかぎり
こどもに気がつかれないようにしたいって感じで
ウロウロしてるのです。

「放射性物質が入っているから!」とか言わないんです。
そういえばいいんでしょうけど。
こどもには、極力言わないんで。
なんで、そういう面倒なことがもれなくついてくるというか。
わたし自身の問題なんですが。

イモ掘り。放射能のことを気にしている友人たちは
いかないか
もしくはマスクに軍手という作戦。
それか、帰ってきてから食事睡眠ケア。って感じらしい。
イモ掘り。悩みますね。
食べるよか、土壌のほうがやっぱこわい。わたし。
ただ、山と違う人の手を加えてある田畑。
どう、農家がやってるのかわからないだけに測定は参考になる。
けど。

でサツマイモ。
わたしは、あんまりサツマイモは、このへんのは食べたくないなー。
関東近辺でも。ってずっと思っていて。
それは、キノコや牛乳、山菜、野草、ハーブとかはもちろんのことだけど、
このへんの汚されちまった地域の根っこもの、
サツマイモ、れんこん、ごぼう、こんにゃく、さといも、
豆系、小麦、雑穀、ソバは避けているのだ。
なっぱ野菜や
米より警戒(といっても、このへんのなっぱ野菜も買わないんですが。。)レベル。
ときどきでているんだよね。サツマイモ。
それも、検出限界前後というか。
幼稚園では、農家がちゃんとゲルマで測定していてNDだったんんだけど。
不安はまだまだ。
NDだからないってわけじゃないし。
じゃあ、どこまでなら? とかいうんだろうけど。
まったくないものなんて、このあたり、日本中あるのか?って思ってる。
ごくごく少なく、もう、よくわかんなーい!ってぐらい
「0.000?」いくつとかそういうレベルであったとしても、
口の中にはいるころには、もう、0.00000ってレベル? 何でしょうが。
よくわからんもの、予防できるもんなら避けてもいいんでない?
好みだしーと思う。
そう、このレベルはもう、個人の好みの問題。
このレベルをよしとするかダメとするか。。。
ずるずるを避けるために、これだけは拒否っていう好みの。。。

幼稚園は、埼玉の川越のイモ。
原発事故後の農家の対処はわからんので
一応お約束で
あちこちのサツマイモさんの情報みたり。してます。
埼玉県のサツマイモ(白岡市)セシウム137→3.14Bq/kg
★埼玉県の放射性物質の農産物等への影響調査について(第109)http://www.pref.saitama.lg.jp/news/page/news121005-08.html
静岡県御前崎市のサツマイモ。セシウム合計0.096Bq/kg 
★文科省・食品中の放射性物質の検査結果について(第493報)
まあ、どうするかだなー。
いろんな面で考えます。まだ時間あるし。
来週、園と話す機会あるし。
こどものなにかをみんなとやる、育てる、って気持ち。
もちろん大事にしたい。
でも、身体も大事にしたい。

|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »